2019

日本の摂食障害患者さんからの悲痛の声をお聞きください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

日本では、なかなか摂食障害に苦しむ患者さんの声は、取り上げられることはないかもしれません。

 

私たちのところには、日本中から、悲痛な声が寄せられています。

 

「過食症になり、体重が増えたり、減ったりをこの30年間、繰り返してきました。
そして、今、脂肪肝、肝機能異常、高脂血症、高尿酸値、と、身体中、大変な状態です。
悲しくても寂しくても不安でも、いつもばくばく食べ過ぎてしまった自分が悪いので、誰のせいにもできません。
そう、これは、すべて私の責任なんのだ、、、と思い込んできました。
ただ、過食症を治そうと、ネットで病院を探し、良さそうなところは通院して、
だめなら他の病院へと懲りずに続けてきましたが、
病院で理解してもらえたと感じたこともないですし、
治るかもしれないと希望を持ったことも一度もありませんでした。
メンタルクリニックの通院歴は、通算で10年以上になりますが、
「過食症はなかなか治らない」「治療法がない」「難しい」「食べること以外に趣味を見つけてください」
どの病院でも言われてきた言葉です。
いつも病院から帰るときは、過食症は治らないんだと暗い気持ちでした。
唯一、治りそうだと明るい希望を感じたのは、安田さんの「摂食障害から回復するための8つの秘訣」という本でした。
ほんとうに希望の光でした。」
摂食障害、拒食も過食も、回復できる病気です。
そう、そもそも病気なのです。
そして、きちんと治療方法はあるのです!!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください