摂食障害サポーターさん用30日間オンラインプログラム

摂食障害サポーターさん用 30日間オンラインプログラム を開催します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

摂食障害 サポーター用
30日間オンラインプログラム

2018年11月12日(月)よりスタート

  • ご家族の誰かが、摂食障害で苦しんでいる

  • お友達や、大切な人が、摂食障害で苦しんでいる

  • 学校や職場に摂食障害の人たちがいる

  • お医者さん、看護師さん、養護教諭の先生、栄養士さん、心理士さんなど、日々摂食障害の患者さんと接しているけれど、どのような体験をしているのか、よくわからない

そんな摂食障害の方々を支えるみなさまのための30日間オンラインプログラム です。

そんなサポーターさんたちは、孤独なもの。なかなかわかってくれる人もいないし、病院へいって、診察を受けていても、助けてもらえているのか、助けてもらえていないのか、現実問題、どうしたらいいのかわからない、と言う方々がたくさんいらっしゃいます。

本人に聞いても、よくわからない。あるいは、本人は興奮してしまって、いつも口喧嘩になってしまう。

そんなことはありませんか?


「過食症;食べても食べても食べたくて」の巻末2週間プログラムに沿って、ご本人たちが、どのようなことで苦しんでいるのか、どのようなサポートを欲しいと思っているのか、過食でも、拒食でも、理解して支えてあげたいけど、どのように接していいのかわからない、と言う方々のための、プログラムです。

拒食と過食、問題は、まったく正反対のように見えても、基本となる部分では、かなり重なっています。

今回は、みなさんの参考文献として、「過食症;食べても食べても食べたくて」を使用していきます。

患者さんたちを支えるサポーター役の方々へ
出版記念特別価格

通常価格 7777円のところ

今だけ 5555円 (みんなで一緒に Go!GO!GO!Go!!)で、ご提供させていただきます。

ただ見守っていてください、と言われるけれど、本当に本人まかせでいいのか、食事に関しては、どこまで口出しをして、どこまで黙っているのか、現実問題として、わからないことはたくさんありますよね。

だから、今回は、患者さんたちの体験を追体験しながら、みんなで一緒に支え合いながら、知恵を出しながら、辛さを共有しながら、30日間取り組んでみましょう!というプログラム。

毎日、サポーターであるみなさん宛にメールが届きます。

ぜひ、それらの課題を、ご自分のこととして、まずは取り組んでみてください。

そして、みなさんの心配している方々が、こんな課題を持ちながら、こんな大変さを体験しながら、毎日生活しているのだと言うことを、少しでも理解していただけたらと思います。

ついつい、ただのわがままのように見える行動も、言動も、こう言う心の中の葛藤から生じているものなのです。

そして、秘密のFacebookのページを作りますので、ぜひそこに投稿してみたり、他の方に質問してみたり、意見交換、辛い気持ちの支え合い、などにご活用ください。

このグループに参加されていることは、他の方々には公表されませんので、どうぞご安心くださいね。

ここは、同じような体験をしているみなさんで、お互いを支え合い、みなさんの大切な人の回復を目指したプログラム。摂食障害から回復する過程で、みなさんのようなサポーターの方々の存在は、必須のものと、アメリカでも言われています。

私、安田が、FBで、みなさんの個人的なご質問にはお答えできませんが、みなさんの毎日の取り組みを応援して行きます。

そして、もしも安田と、個人的なことを相談したい、1時間のセッションをご希望の方は、お知らせください。1時間単発セッション 3万円のところ、特別に2万円にてご利用いただけます。

またそれ以降、ご希望であれば、3ヶ月コースをお申し込みいただけます。詳しいご案内は、こちらから。

回復していく過程には、絶対に一緒に取り組んでいくサポーターが必要です! みなさんが、そのサポーターになれるのです。

今現在アメリカで実際に行われている治療を熟知した安田が、みなさんをナビゲートして行きます。

まずは、このオンラインコースで、私たちと一緒に、サポーター役の第一歩を踏み出してみましょう 😏 💕

ご本人用のプログラムは、また12月に開催を予定しておりますので、それまでお待ちください。

それでは、みなさんとご一緒できることを楽しみにしております。

お申し込みはこちらからどうぞ。

 

ページでご覧になりたい方は、こちらから

 

お問い合わせは、info@edrecoveryjapan.com  まで。

コメントを残す

*