ブログ

摂食障害から回復するときって、嬉しいもの??苦しいもの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

摂食障害って、変な病気で、きっとこの病気くらいが、回復するときに、するりと気分が良くならないのではないでしょうか。

逆に多くの場合、気分が悪くなる、嫌な気持ちになる、自分の中の葛藤が増える、食べること、体型、体に対する捉え方がこんがらがる、などなど、回復に伴って、決して心地よいとは言えない段階を通ることになるのです。

だから、回復が難しいともいわれるのですが、その段階の人たちを、ありのままに、あせらずに、支え続けていってあげる必要があるのです。

回復するためには、今まで、自分の中で、自分が決めてきたルールに逆らって、真っ向から突き進まないといけないのです。

それがどれだけ大変なことかお分かりいただけるでしょうか?

今まで、ある食品は食べないように、心に誓っていたのに、それをあえて食べる練習をしないといけない。体重を減らすことが目的だったのに、それを増やさないといけない、いくら周りがダイエットの話をしていても、自分はしっかり言われた通りに食べないといけない、運動もいいことのはずなのに、今の自分にはすることが害になる。体重を計らない方がいいなどと言われる、などなどなど。

摂食障害って、とても理解しにくい病気なのです。

コメントを残す

*