ブログ

摂食障害と乳がん、どっちの有病率が高いと思う??

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

みなさん、こんばんわ。

先日英語のポッドキャストを聞いていたら、びっくりするようなことを話していました。

アメリカの50歳以上の女性の中で、

摂食障害と乳がんの有病率はどっちが高い?というもの。

みなさんはどう思われますか?

乳がんといえば、

ピンクリボン、乳がん自己検診、早期発見早期治療、サポートグループ、

という社会的な啓蒙、活動が、すでに社会で地位を得ていますよね??

昔は、乳がんになるのは、恥ずかしいこと、だったらしいけど、

今、乳がんになって、恥ずかしいから、病院へ行かない、

治療を受けたくない、周りの人に言いたくない、お医者さんにも言いたくない、

なんてことは、ないですよね?

あるいは、ご本人たちには、そういう思いがあるのでしょうか?

少なくとも、個人的に私は、そうは捉えていません。

乳がんというれっきとした病気であれば、

そして、治療の方法があるのだとすれば、

とりあえずは、病院へ行って、検査をしてもらうなり、

治療法を聞いてみるなり、するのではないでしょうか?

驚くことに、ほんの1%の違いですが、摂食障害の有病率の方が高い!と

いうのです。

これを聞いて、みなさんは、どう思われるでしょうか?

ああ、ただ太っている人が多いってこと?

更年期に入って、ただ体重が増えたってこと?

どうせ大したことないんでしょ?

どうせ運動もしないで、食べてばっかりいるんでしょ?

もう中年なんだから、多少太ってたって、いいじゃない?

どうせ誰も、その人の体型なんて、気にしてないよ。。

こんな反応が聞こえてきそうですが、いかがでしょうか?

もしかしたら、みなさんの周りにも、摂食障害という病気に、病気だとも知らずに、苦しんでいる人がいるかもしれません。

私の意思が弱いだけと思っているあなたも、

もしかしたら、摂食障害という病気に

侵されているのかもしれません。

コメントを残す

*