ブログ

食べるのも食べないのも、簡単にできるはず? 意思のせい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

なんとなく、周囲の人から、マスコミから、

「食べるのなんて、簡単でしょ? ただ食べればいいんだから!」

「食べないなんて、簡単でしょう? みんなの意思の強さの表れなんだから。自分で決めたことなら、出来て当たり前でしょ」

「自分で決めたエクササイズをやれて当たり前でしょ。できないなんて、意思が弱いんだ」

「自分の運動の量は、自分でコントロールできて当たり前でしょ・。どうせやりたいから、そんなにやっているんでしょ? やめたかったら、やめればいいのに、そんな簡単なことどうしてできないの?」

「嘔吐や下剤を飲むことをやめるなんて簡単でしょ? ただやめればいいんだから。自分でやめたいなら、簡単にやめられるでしょう?自分の意志でやっているんだから」

 

こんなメッセージを投げつけられていませんか??

本当に食事をすること、

制限すること、

好きなものをあきらめること、

運動を規則的にすること、

あるいは、しすぎないこと、

嘔吐や下剤をやめること、

こういうことって簡単にできるはず、できていいはずなのでしょうか???

多くの摂食障害に苦しむ人たちが直面するのは、こういう言葉のわな。思い込み。植えつけられたこれまでの決まり。しばり。周囲からの圧迫。プレッシャー。

多くの人にとっては、そうかもしれません。

 

でもね、でもね、

完璧主義だったり、

「すべき」というルールがたくさん自分の中にたくさんある人、

他人に弱いところなんて見せてはいけないと思っている人、

いつもいい子でいなきゃ、と無意識的にでも思ってきている人、

人に頼ってはいけないと教え込まれてきた人、

自分は人の面倒を見る役、自分のことよりも、周りのことが最優先と思っている人、

ぐち=自分の弱さを見せることだと思っている人、

自分に弱いところがあってはいけないと思い込まされている人

 

こういう人たちにとっては、

たった、たった、これだけのことが、

本当に常に自分の内面での戦いになってしまうのです。

 

摂食障害って、結局は、自分と自分との戦い、だから、だから、それを支えて欲しいのです。

周りと自分との戦いにしないでください。

わがままだといわれるかもしれないけど。でも、お願いですから、自分と自分の戦いにできるように、周りの人たちは、気づかせてください。

そうでないと、

つい、

すり替えて、

自分と周囲とで戦うようになってしまうからです。

コメントを残す

*